2015.03.10 Tuesday 23:28

「浅い呼吸が当たり前の状態になって気付けない」とはどういうことか?

yoyakubanner
「浅い呼吸が当たり前の状態になって気付けない」とはどういうことか?
 
これまでの記事にも何度か書かせて頂きましたが、
アレクサンダーテクニークのレッスンを受けることで、

 
これまで普通だと感じていた呼吸の深さよりも
もっと深い呼吸ができるようになり、
その結果、声の響きが良くなるということなどが起きます。

 
図を使ってご説明すると、、、







アレクサンダーテクニークの視点では、
多くの方がBの状態になっているのですが、
(図は大袈裟に表現しています)
この状態では、お腹が圧迫されて、呼吸に制約が生まれます。


この状態が長く続けば続くほど、

その方にとって、
浅い呼吸が「当たり前の感覚」となるのです。


ですので、御本人としては、


Bが

 
 「 正しいor普通の姿勢・身体の感覚」

となります。


私は、
原因不明の体調不良の原因の一つに
こうした、姿勢によるものがあると考えておりますが、

ご本人としては、自覚することがとても
難しいものだとも思います。



 
このBの状態から、

Aの状態・・・
骨を立っていて力が抜けている状態

に導くことで、
 
呼吸の制約が減り、最大限の呼吸が可能となります。

 
また、それに伴って、声の質などにも好影響があります。


この状態を定着させていくことで、

その方が一生、
Bのような不利な状態ではなく、
Aのような有利な状態をキープできるよう指導させて頂いています。





最後にノーベル賞受賞のコメントを
ご紹介させて頂きたいと思います。






 

ニコラス・ティンバーゲン教授(1907-1988)
ノーベル医学賞受賞者

「私は、アレクサンダー・テクニークを、
高度に洗練されたリハビリテーションの一つとして推薦する。

個人的な体験から、
我々は、アレクサンダー氏や彼の支持者が主張していることを確認できる。

それは、
体の筋肉組織に違うように機能することを教えることで、
様々な精神的および肉体的な機能低下や病気を、

時には驚くべき度合いで、
軽減することが可能であるということである。


我々はすでに驚きをもって、
高血圧、呼吸、眠りの深さ、全体的な機嫌のよさと意識の明晰さ、
外的プレッシャーからの回復力、そして楽器を演奏するなどの洗練されたスキル、
などの多様な分野において、驚異的な改善が起こっていることを知らされている。」

(1973年 ノーベル医学生理学賞授賞のスピーチより)




 
90分《無料体験》レッスン開催中!!
玉木康司 身技レッスン MIWAZA Lesson
アレクサンダー・テクニーク
URL: http://tamaki-miwaza.com/
Place: 名古屋駅 徒歩5分
〒453-0801 名古屋市中村区太閤1丁目22
  • アレクサンダー・テクニーク
  • 玉木康司 身技レッスン
  • web:http://tamaki-miwaza.com/
  • phone:052-446-5898(営業時間:10:00-22:00/休日:不定休)
  • place:〒453-0801 名古屋市中村区太閤1-22

Comment:
Add a comment:









 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.